東照宮付近

日光・寂光の滝のアクセスと駐車場【付近の美味しいレストランも紹介】

日光に旅行に行きたい人「日光で滝めぐりをしたい。寂光の滝に行きたいなあ。どうやって行くんだろう?」

 

本記事は寂光の滝に行きたい人向け。内容は以下の通りです。

・ 寂光の滝のアクセス(車・バス・タクシー)

・ 寂光の滝の前にある神社について

・ 寂光の滝に行ったときに寄りたいレストラン

 

寂光の滝ってどんな滝?

田母沢川にそそぐ沢に落ちる滝。このあたりに昔、寂光寺があったことからその名がついたと言われています。ガイドブックに載っていないことも多く、ほとんど観光客はいません。また、寂光の滝の前にあるのは若子(じゃっこ)神社といい二荒山神社の末社。滝尾神社を創設した弘法大師空海が、寂光の滝で修業中に女神のお告げを受けて建てたと言われています。祭神は下照姫命(したてるひめのみこと)。

アクセス

車とバスで行く方法がありますが、車の方がオススメです。人気のない場所を歩く為、夕方になるとちょっと怖いです。

 

車で行く場合

寂光の滝は、日光東照宮から4km離れた場所にあります。県道194号線の突き当たりの小川を渡った場所に30台のほど無料駐車場があり、滝までは徒歩5分です。(↓↓Googleマップ↓↓)

 

バスの場合

日光駅東武バス「田母沢バス停」より徒歩20-30分。時刻表はこちら

 

タクシーの場合

歩きたくない人はタクシーで行けます。料金は日光東照宮すぐ脇のタクシー乗り場から1000円弱。

 

寂光の滝の後に行きたい場所:裏見の滝

滝めぐりをするのであれば、裏見の滝に行きましょう。

120号道路に戻り、中禅寺湖方面に行くと、途中で右折で裏見の滝に行けると青い看板(案内標識?)に記されています。

ナビで裏見の滝のルート表示をすると2時間かかると出てきますが、案内標識沿いに行くと20分もかからず行けます。

 

寂光の滝付近のオススメレストラン

9:00に開店!カテッジイン・レストラン&ベーカリー

カテッジインレストランでは、金谷ホテルに勤務したシェフの絶品料理が食べられます。さすが金谷ホテル。お肉もいいけど、パンがとても美味しいです。

レストラン隣には金谷ホテル歴史館(入場料大人400円)もあります。

 

カテッジイン・レストラン&ベーカリー

住所:日光市本町1−25

電話:0288-50-1873

駐車場:20台

営業:9時〜17時(12月〜3月は10時〜16時)

 

優雅な洋館の西洋料理!明治の館オムレツライス


西洋料理が楽しめ、オススメはデミグラスソースがとても美味しいオムレツライス(1728円)。 明治時代末期に建てられたF.W.ホーン氏の別荘を利用したレストラン。日光石造りの建物は国登録有形文化財。

 

明治の館

住所:日光市山内2339-1

電話:0288-53-3751

駐車場:80台

営業時間:11:00〜19:30(11月末〜4月半ばまでは11時半開店)

 

テールシチューが美味!紅葉も綺麗な游晏山房

游晏山房はF.W.ホーン氏のメイド部屋を改装したレストラン。栃木和牛の尾肉を使用したホロホロとろけるテールシチュー(4860円)は料理評論家も食べに来るほど美味しいと有名。木々に囲まれた館は紅葉時期には景色も楽しみながら食事ができる。

 

游晏山房

住所:日光市山内2339-1

電話:0288-53-3751

駐車場:80台

営業時間:11:00〜19:30(11月末〜4月半ばまでは11時半開店)

定休日:水曜